中古車買取 沖縄で、得する高く車を売却できる方法を紹介

中古車を買取させたいけど沖縄で高く中古車を売却するにはどこに売ればいいのかな?初めて車を売るので失敗しない後悔しない車をしないと大変なことにとくに下取りは大きく損しちゃう可能性大!中古車の買取は業者を間違えると10万円査定が変わることもございますのであなたのこれまでに乗ってきた愛車を最古金額で売るお得情報を掲載しました

利用率9割を超えるETCは進化し続けるETC2・0とは?沖縄ではまだ利用者が少ない

今回はETCの話題いまや有料道路の走行に欠かす事の出来ない

存在になったETCだが日本で運用試験が開始されたのは18年前の

1997年一般利用は2001年11月から始まった。

しかし当初の車載機価格が高かったこともあるので、あまり普及しなかったのが事実なんです!

 

沖縄ではいまだに普及していませんが…

 

f:id:kanemochiniisanbinbouniisan:20170615184835p:plain



それが2009年3月の土日祝日高速道路利用料金1000円のサービスによって一気に拡大。

車載機価格もその際に大量に生産され値段も大幅に

ディスカウントしてその年にこれまでの搭載件数を大幅に伸ばした。

その後セットアップ数は着実に増えていき2015年の2月末時点で

4899万と増えてきていますね!

これは自動車保有台数に対して約6割の数値。

有料道路でのETC利用率は9割以上にも上り、

料金所渋滞はかなり解消されている。

そして政府はETCを通過点としてITS社会の実現のために

次の施策を打ち出している。

それがITSスポットサービス高速道路の路側などに

アンテナを設置し、走行中の車とデータのやり取りをするものだ。

VICSを高度化したものと考えればわかりやすい。

 

f:id:kanemochiniisanbinbouniisan:20170509013605j:plain



現在は「渋滞回避支援」「安全運転支援」「災害時の支援」の3つのサービスが提供されている。

この運転支援サービスは2009年秋にスタートして

昨年10月に「ETC2.0」という呼び方に変更された。

ただ利用者はまだほんの一部だ。

2015年2月末時点のETC2・0のセットアップ累計数は55万7372件。

先記のETCに比べると1%にとどまっている。

自動車保有台数に対しても0.7%の少なさだ。

これは認知の低さとともに、ETC2・0車載機の価格の高さもある。

受け取った情報がカーナビの画面に表示されることもあり、カーナビの画面に

表示されることもあり、カーナビと同時購入するとさらに出費は嵩む。

現在はメーカーでは音声で情報を伝える単体機の投入を

予定するなど普及に向けた策を探っている。

またナビの連動機の価格もおそらく次第に下落していくはずだ。

新サービスの導入も計画されているそれは渋滞情報を得て

高速道路を降り、渋滞を開始した後に再度高速道路を

しようしても料金の優遇が得られるというもの。

首都高の3環状線完成後にはこのサービスの利用で理便性がかなりアップしそうだ。

解消すべき課題はまだあるものの、ETC2・0の今後にぜひとも注目していきたい。

 

もうねほんとはやくこのETCのすごさを沖縄県の人に味わってほしいと考えてしまうんですがいつになる事やら!